毎度ありがとうございます。ジョイ津山の杉山です。

今日はあまり暑くない、気持ちのいいお天気でした。でも、もうすぐ梅雨入りかと思うと少し憂鬱になる、そんな時期ですね。

「家中のテレビが映らなくなったんです!」今日はそんなコールがありました。
同業のでんきやさんなら「あぁ(^_^;」と思われる案件です。意外と多いんです、これ。「でんきやさんあるある」なんです(^^)

どの部屋のテレビもこんな表示が出て、ウンともスンともいいません。

さて、多くのお宅のテレビアンテナには「ブースター」というものが取り付けられています
この「ブースター」という機器、一般的には屋根上(最近は家の外壁面のことも)のテレビアンテナの近くに取り付けられ、テレビの電波を強める(増幅する)機器なんですね。何で電波を強めるのか?各部屋に電波を分ける(分配する)とき、電波が弱まる(分配損失)のでそれを補填するためなんです。

では、その「ブースター」は屋根の上にあるのに、それを動かす電源はどこから取っているのでしょう?屋根の上にコンセントはないですよねぇ。なので、部屋の中からアンテナ線を使って屋根の上に電気を送り込んでいるのです。

そのための機器が「ブースター電源部」なんです。


これが「ブースター電源部」。

こんな感じでテレビの裏に転がって(!)いることが多いんです。今回のお宅はこの機械が故障していました。

新しい「電源部」に交換します。

これで、無事解決!バッチリ映るようになりました!

ところで、こういったトラブルの場合「電源部」の故障よりも圧倒的に多いのは
・「電源部」のコンセントが抜けていた、もしくは「電源部」のスイッチがOFFになっていた。
・「電源部」から壁のアンテナ端子につながってる線が外れていた。
という場合です。

みなさんも家中のテレビが映らなくなった場合は「ブースター電源部」を確認してみてくださいね。
なお「電源部」はどの部屋のアンテナ端子に繋いでもいいというわけではなく、接続可能な部屋が決まっていることが多いです。
また、部屋ではなく、天井裏や物置内にある場合もあるので要注意です。(ほとんどの場合マンションは部屋内にはありません。)

こんな時にも、かかりつけの「まちのでんきやさん」があると便利ですよ~!

今日も最後までおつきあいいただき、ありがとうございましたm(_ _)m

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

家電のご購入相談はもちろん、パソコン
オール電化、電源工事、水道・水回り他
住まいのお困りごと
何でもご相談ください!

お電話、お待ちしています~!
0868-22-6669
メールでもお気軽に(^^)
info@joy-tsuyama.com まで

The following two tabs change content below.
父親の後を引き継いで、まちのでんきやさんを始めて25年。 常にお客様の立場に立った仕事を心がけています。 デジタル家電が得意です。一男一女の父。53歳。

最新記事 by 代表者 杉山圭司★すぎやまけいし (全て見る)