毎度ありがとうございます。ジョイ津山の杉山です。

一時よりはずいぶん減りましたが、いまだにありますよね。
「電話代がお安くなるお知らせです」とか「ネットの代金が大幅に安くなります」などという勧誘電話。

この件が難しいのは、ホントに料金は安くなることが多いこと。
ただ、実際はそれよりももっとお得なプランがあったり、デメリットが多かったり、にわか業者の信頼度の問題、そして何より強引な営業手法に最大の問題があるように思います。

光回線が一般化していく黎明期には「NTTのほう(笑)からお電話差し上げています」などという、NTT東西の商品「フレッツ光」代理店の強引な営業が問題になりました。
その後、光回線の販売の仕組みが大幅に変わり、現在の勧誘電話は「光コラボ(光コラボレーション)」を販売しようととするものがほとんどです。

じゃあ「光コラボ(光コラボレーション)」って何でしょう?

光コラボレーション事業者さまが、NTT西日本から光回線を借り受けて提供する光アクセスサービスと、自ら提供する様々なサービスを組み合わせ、お客さまに、より便利なサービスを提供していくモデルです。
本モデルにより、 NTT西日本から光回線を借り受けてサービスを提供する事業者を「光コラボレーション事業者」と、また、光コラボレーション事業者さまが提供する光アクセスサービスを「コラボ光」といいます。

NTT西日本の公式ホームページより引用

訳がわかりませんが(^_^;、要はNTTの光回線をNTTが各コラボ業者に卸し、コラボ業者はプロバイダーや割引サービスを抱き合わせて消費者に再販する、というものなんですね。
決して「光コラボ」そのものが怪しいものではないんです。
かくいう私も、自宅や娘のアパートでは「光コラボ」モデルを使っています。ただ、会社の回線は敢えて「光コラボ」は使用せずNTT西日本のままです。

つまり、適材適所、各家庭の状況に合った業者やサービスの選択が重要なんですね。

先日お伺いしたお客様にご相談を受けました。
「こんなの契約してしまったけど、どうなん?『何にも面倒はありません。』って言ってたけど、設定やらなにやら訳がわからん!メールアドレスも変わるみたいだし。どーしよ?!」


結局、ロクに説明もしない強引な営業に押し切られた模様です。

営業妨害になってはいけないので、詳しくは書きませんが、この業者さん、こんな立派な(笑)経歴をお持ちみたいです。
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban08_02000164.html

こちらのお客さんはお子様も含めて、ドコモのスマホやタブレットを家族でお使いでしたので今回契約された「光ギガ」より「ドコモ光」の方が解約金を一時的に支払っても金額的にはメリットありと判断し、ドコモショップへ行って相談してみるようにアドバイスさせていただきました。

総務省からも注意喚起が出ています。

強引な「光コラボ」の勧誘電話にはその場で返答をしない方が良いと思います。
詳しい人に聞く、自分でしっかり調べるなどして、納得できる契約をしてください。
気になった方は「光コラボ 転用 注意点」などで検索してみてください。
そうすれば、今よりお得なプランが見つかるかもしれませんね(^^)

今日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございましたm(_ _)m

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

家電のご購入相談はもちろん、パソコン
オール電化、電源工事、水道・水回り他
住まいのお困りごと
何でもご相談ください!

お電話、お待ちしています~!
0868-22-6669
メールでもお気軽に(^^)
info@joy-tsuyama.com まで

The following two tabs change content below.
父親の後を引き継いで、まちのでんきやさんを始めて25年。 常にお客様の立場に立った仕事を心がけています。 デジタル家電が得意です。一男一女の父。53歳。

最新記事 by 代表者 杉山圭司★すぎやまけいし (全て見る)